いつの間にか援交アプリに変化するアプリ

3月 5th, 2017 by o0n1xc

もともとは援交アプリなんかじゃなかったのに、いつのまにか援交の相手を募集するのにちょうど良いアプリとして広まってしまい、すっかり本来の使い方とは違っているアプリがあります。

そのアプリは、「メルカリ アッテ」といって、フリマアプリでも有名なメルカリのアプリです。
本来は商品やサービスを直接会って売買するものだったのに、そのアプリの特徴がやばすぎることから新しい無法地帯として広く知れ渡り、使い方もまた個性的なものばかりが目立ちます。

例えば実際に販売された過去のものはレンタル彼氏や明らかな援交目的の女性や男性で、こちらはさすがに削除されてしまっています。
その後にフルートを吹ける人を募集というものがあり、こちらはどうも隠語のようなそうでもないような雰囲気がありました。

援交アプリになり得る画像

その他では援交や神待ちを臭わせる「お茶しましょう」「焼肉おごって」「30分5万(顔写真が出ていてとにかく30分5万のバイト)」などの書き込みもあります。
医薬品や重装備フルセット、ランボルギーニに至るまであります。

募集内容がこれらのことで料金が無料、または納得できる金額であれば、新しい援交や神待ちのステージ(という名の温床)になるとも考えられます。

発想としてはとても面白くて有益に利用できることもあったのでしょうが、そこはやっぱりネットの時代です。
逆手に取るように実際に会うアプリであることを強調してアダルトな方向へ持ち込めると判断する方が多かったといえます。

このようなほぼ無法地帯で援交のアプリとして出会いを探すのはなかなか面白いかもしれませんが、気になるのは法規制がどうなっているのかということです。
隠語や露骨な内容のチェック程度はされているようですが、利用者の方が現状では一枚上手といえます。

人体や人に関する売買を禁止するというようなものがあれば、援交や援交を目的とした出会いは減るのかもしれませんが、どのような判断が下されていくのか注目すべきところでしょう。

Posted in アプリ選び | いつの間にか援交アプリに変化するアプリ はコメントを受け付けていません。

援交のリスクと犯罪の関係

3月 3rd, 2017 by o0n1xc

援交は近年、アプリで出会いを探すことができるようになり、一見するとその援交アプリ内では常識的な範囲を装っていながらも実質無法地帯のような状態になっているものが増えています。
もはや次々に開発とリリースを繰り返す援交や出会いなどのアプリは、法規制とのいたちごっこともいえます。

どんなアプリを使って援交の相手を探しても、その内容がバレない、または未成年を相手にしないことなど、うまくやり過ごしていればさほどの問題はないように見えますが、実際には誰にでも起こりうる恐ろしいリスクがあります。

まず有名人でも騒動になった未成年との援交についてです。
その場合は相手が18歳未満だったと知らなくても関係を持ってしまった場合は怪しくなってきます。
恋愛関係にあるわけでもないし、将来を約束しているわけでもない、そうなると完全に白とは言いにくい状況になります。

援交と犯罪の画像

どういったリスクがあるのかというと、「児童買春」「児童ポルノに触れる」などがあって、援交としてどこまで何をしたかによっても多少違いがあります。
完全に関係を持たなかったとしても、露出の高い写メを送ってほしいとか、全裸の写真を一緒に撮ろうと誘うなどでもひっかかります。

これが仮に出会い系サイト内で行われたときは、出会い系サイト規正法に触れることになります。

そしてまたさらに落とし穴的なリスクと言えば、援交によって関係を持ったことによる望まない妊娠や、性病の感染です。
どちらも男女の体と生命にかかわることなので、非常に大きな問題となるでしょう。

妊娠した場合は個人間の問題で済むことは難しいでしょうし、おそらく両親を巻き込んだり弁護士が間に入ることも出てくるかもしれません。

性病の場合はお互いに治療をしないと不妊を招く恐れがあるし、男性の方は性病の種類によっては生きた心地がしないくらいの陰部の痛みや疼きなどに苦しむことになります。

援交は一時的な快楽や金銭のためならと思って利用するのでしょうが、実はこんなにもリスクが高いものだったんです。

Posted in 出会いを説く | 援交のリスクと犯罪の関係 はコメントを受け付けていません。

GPS連動アプリ「スマとも」も使えるツール

3月 2nd, 2017 by o0n1xc

スマホのアプリには本当にいろいろなものがあって、その中でもちょっと驚きなのがGPS連動の「スマとも」です。
このスマともは、ダウンロードするとGPSで誰がどこにいるのかがわかり、近所にいる人とやり取りができるというアプリです。

そもそもは特に援交を目的として利用されている様子はなかったのに、今はもはや援交アプリとして堂々と若い世代からも利用されています。
このスマともは基本的に18歳未満の使用はできないことになっているのですが、年齢確認が甘いこともありスマホを所持している中高生が実際の年齢を公開して利用していることも目立ちます。

GPS機能付きのアプリ画像以前は援交を目的としたやり取りや出会いを求めることはLINE掲示板の方が多くありました。
ですが近年ではすっかりとスマともの方が主流となっていて、露骨に「何万円でお願いします~」のような投稿も多く見られます。

スマともの料金はほとんど無料で、相手の位置情報を見るだけなら無料でOKです。
男性が女性とチャットをするときに10ポイントかかり、100ポイントを130円で買えるシステムになっています。

毎日ログインするときにルーレットを回すことができて、ポイントが20ポイントから50ポイントの間くらいで当たります。
ポイント自体はさほど高くないので出会い系サイトのようにどっさり購入しなくてもよさそうですが、だれかれ構わずにチャットをしようとするとポイントが心細くなります。

スマともを利用して援交するなら相手を選んで声をかける必要があることと、未成年に引っかかった場合はスルーする勇気も必要なアプリといえます。

それともう1つ忘れてはいけないのが、相手にも自分のGPS情報が知られているということです。
自宅でスマともを立ち上げるのは絶対NGといえます。
自宅以外では会社もかなりリスキーですからやめておきましょう。

また、スマともは次々にいろいろな機能を追加しているアプリがリリースされているので、ほしい機能があるときはチェックしてみるのもおすすめです。

Posted in アプリ選び | GPS連動アプリ「スマとも」も使えるツール はコメントを受け付けていません。